1. ホーム
  2. 学資保険の一覧
  3. ≫第一生命の学資保険「こども応援団」・「Mickey」の口コミ&評判!

第一生命の学資保険「こども応援団」・「Mickey」の口コミ&評判!

第一生命の学資保険「こども応援団」「Mickey」の口コミ&評判!

自分の子供にはしっかりと教育を受けられる環境を整えてあげたいから、今から学資保険の加入を考えなければ・・・。

自分たち親に将来何かあった時のために、育英年金の制度が付いている学資保険はないかしら・・・。

あなたは今、お子さんのための学資保険について悩んでいませんか?

知名度の高い第一生命では「こども応援団」と「Mickey」という二つの学資保険があります。

この二つの学資保険の特徴として共通しているのが、契約者に万が一のことがあった時に保険料の払い込みの免除保障があることと、育英年金の制度があることです。

「こども応援団」と「Mickey」はお子さんの学資保険だけではなく、万が一の事態にも備えておきたいご両親にもぴったりの学資保険といえます。

こちらの記事では「こども応援団」・「Mickey」の加入を検討している人なら気になる、それぞれの保険のメリット、デメリット、さらに実際に加入している人達の口コミ、評判を集めました。

加入を検討している人はぜひこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

知っておきたい!「こども応援団」「Mickey」のメリット4つ】

それでははじめに加入を検討する上で気になる、「こども応援団」・「Mickey」のメリットを3つ紹介します。

二つの学資保険の中から合計5つのプランが選べます

まずは学資保険「こども応援団」と「Mickey」の詳細な内容を下記にまとめましたので見てみてください。

学資金受取り時期 15歳もしくは18歳:50%
満期保険金受取り時期 18歳もしくは22歳:100%
払い込み期間 12、15、18、22歳
満期 18歳、もしくは22歳

学資金と満期保険金のパーセンテージは満期保険金に対した割合です。

そして「こども応援団」にはA1型、A2型、「Mickey」にはB1型、B2型、C型と合計5つのプランがあります。

下記の表にそれぞれのプランの違いをまとめたので見てください。

A1型 A2型 B1型 B2型 C型
契約者への保障 ・三大成人病(所定のガン、急性心筋梗塞、脳卒中)

・要介護状態

・身体障害

・高度障害

・死亡

・三大成人病(所定のガン、急性心筋梗塞、脳卒中)

・要介護状態

・身体障害

・高度障害

・死亡

・高度障害死亡 ・高度障害死亡 なし
万が一の保険料免除保障 あり あり あり あり なし
育英年金 あり なし あり なし なし

上の表を見ていただくと分かるように、「こども応援団」のA1型、A2型の方が契約者に万が一のことがあった時の保障が多いのが特徴です。

返戻率を上げて貯蓄を優先するのか、それとも保障を手厚くするのが、優先順位を考えてプランを選ぶのが賢明です。

こども応援団を選ぶと様々なリスクに備えることができます

「こども応援団」のA1型、A2型を選んだ場合、契約者に万が一のことがあった時の保障が充実しています。

「Mickey」より返戻率は下がってしまいますが、その分日々生活している中でかかってしまう可能性のある病気やリスクに備えることができるのが特徴です。

  • 所定のガン
  • 急性心筋梗塞
  • 脳卒中
  • 所定の要介護状態
  • 所定の身体障害状態
  • 所定の高度障害状態
  • 死亡

これらのリスクに「こども応援団」は保障があります。

もし契約者の体が弱く、お子さんの将来に不安があるのなら、「こども応援団」をセレクトすることをおすすめします。

Mickey(ミッキー)を選ぶと返戻率が高くなります

学資保険「Mickey」を選ぶことのメリットは、返戻率の高さです。

仮にC型プランに30歳男性の方が、払い込み期間を18歳までに設定し、総受取金額300万円で加入した場合、返戻率は107.0%と高水準になります。

同じ条件で「こども応援団」のA1型に加入した場合返戻率は88.6%となるので、20%近く差があります。

貯蓄を重視して返戻率を上げたいのであれば「Mickey」をセレクトするのがおすすめです。

A1型、B2型は育英年金を利用することができます

「こども応援団」のA1型、「Mickey」のB1型に共通するメリットとして、育英年金があります。

育英年金は契約者に万が一のことがあった際、学資金と満期保険金を受け取るまでの間に年に一回基準保険金額に設定されている金額を受け取れる制度です。

例えば基準保険金額が60万円になっている場合、学資金を受け取るタイミングまで毎年60万円受け取ることができます。

ご両親に万が一のことがあった際、学費の確保だけではなく生活費もつくるのが大変だと思います。そんな時に育英年金の支給があったらとても助かりますよね。

事前に確認しておくべき、「こども応援団」・「Mickey」のデメリット2つ

それではつづいて「こども応援団」・「Mickey」のデメリットを2つ紹介します。

加入を決める前にその保険の弱点も把握しておくことが大切です。

保障が手厚ければ手厚いほど返戻率は下がります

「こども応援団」のプランに顕著に出ているのですが、保障が充実しているプランほど、返戻率は下がります。

育英年金が付いているA1型、B1型のプランは返戻率が平均して100%を下回ります。

正直なところ、返戻率を重視したい場合は他社の学資保険をセレクトした方がいいかもしれません。

「こども応援団」・「Mickey」には祝い金がありません

他社の学資保険の一部には小学校、中学校、高校入学などこまかいタイミングで保険金を受け取れる祝い金の制度があります。

けれど「こども応援団」・「Mickey」には祝い金の制度がありません。

それぞれの学校入学のタイミングで必要になる準備金を貯蓄したい方に「こども応援団」・「Mickey」は少し物足りないかもしれません。

情報収集しておきたい!「こども応援団」・「Mickey」の口コミと評判を集めました

最後に気になる、実際に「こども応援団」・「Mickey」に加入した人達の良い口コミ、あまり良くない口コミを集めました。

加入する前に参考にしてくださいね。

「こども応援団」・「Mickey」の良い口コミと評判

良い口コミと評判で一番見られたのは、「Mickeyの返戻率が高い」という意見です。

確かに「Mickey」の中でB1型プランを除いたB2型、C型の返戻率はほとんど100%を超えている高水準です。

そして「こども応援団」のA2型も返戻率を100%超えることは可能です。

次によく見られた良い口コミと評判は「様々なプランの中から選べる」という意見です。

育英年金の有無、契約者の万が一の保障をどこまでつけるか等、5つのプランの中から選ぶことができるのにメリットを感じている人は多いようですね。

「こども応援団」・「Mickey」のあまり良くない口コミと評判

つづいて「こども応援団」・「Mickey」のあまり良くない口コミ、評判を紹介します。

一番良く見られた意見は「プランによっては返戻率が低い」というものです。

しかしこちらの口コミに関しては、プランによっては返戻率を上げることは可能です。

加入する上で保障を重視するのか、それとも貯蓄を重視するのか考えておくことをおすすめします。

次に良く見られたあまり良くない口コミ、評判は「祝い金など細かく受け取りタイミングを選べない」という意見です。

それぞれの家庭によって学資金が必要になってくるタイミングは変わってきます。

私立の中学校や高校にお子さんを入学させることを検討しているご家庭は、祝い金が必要なので「こども応援団」・「Mickey」は少し要望に沿わない保険なのかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

筆者が感じた「こども応援団」・「Mickey」の最大のメリットは育英年金、そして保険料払い込みの免除保障といった、教育資金の貯蓄だけではない、充実した保障制度です。

契約者に万が一のことがあった時も、お子さんの未来を守ることができる手厚い保障はご家族に安心感を与えてくれると思います。

こちらの記事を参考にして、学資保険「こども応援団」・「Mickey」の加入を検討してみてくださいね。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)