1. ホーム
  2. 学資保険の一覧
  3. ≫フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」の口コミ&評判!メリット・デメリットは?

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」の口コミ&評判!メリット・デメリットは?

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」の口コミ&評判!メリット・デメリットは?

お腹の中にいる赤ちゃんのために、今から教育資金の貯金をしておかなきゃ・・・。

二人目もつくる予定だけど、今の収入でどちらの教育資金もしっかり貯められるかな・・・。

大切なお子さんの未来への教育資金で、悩んでいませんか?

この記事で紹介する、フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」でしたら2人以上の子育て世代を応援するために、兄弟で加入すると割引になる制度などが充実しています。

また契約者に万が一のことがあっても保険金を満額受け取ることができます。

両親に万が一のことがあっても、安心ですよね。

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」の加入を検討する上で気になるメリットとデメリット、また口コミや評判について詳しく紹介します。

学資保険「みらいのつばさ」のメリット3つ

はじめに「みらいのつばさ」にメリットを3つ紹介します。

1.プランを「ステップ型」と「ジャンプ型」から選べます

学資保険「みらいのつばさ」では選べる受け取りプランが2種類あります。

細かく保険金を受け取ることができるステップ型(分割受取)か、ジャンプ型(一括受取)です。

こちらの表で2つのプランの違いを見比べてみてください。

ステップ型(分割受取) ジャンプ型(一括受取)
払込期間 11歳、14歳、17歳 11歳、14歳、17歳
給付金の受取時期 祝い金:3歳と6歳:5%、12歳と15歳:10%、18歳:70%、20歳:10%

満期保険金:22歳:100%

祝い金:18歳:100%

満期保険金:22歳100%

満期 22歳 22歳

※祝い金の%は満期保険金に対する割合

表を見ていただくと分かるように、ステップ型とジャンプ型の大きな違いは祝い金を貰うタイミングです。

ステップ型では3歳や6歳の時に祝い金を貰うことができるので、お子さんが保育園や小学校の時にかかる費用に祝い金を当てることができます。

またジャンプ型では一番お金のかかる大学進学時に祝い金を全て貰い学費等にあてることができます。

そして仮にステップ型を選んでお子さんが3歳の時に祝い金が必要にならなかった時、祝い金は事前申請が必要で申請されなかった場合自動で据え置きになります。

なので次のタイミングに持ち越すことができます。(据え置きとはそのままにしておくことです。)

ただ初めから大学進学時の教育資金を貯めたいという目的がある人は、ジャンプ型をおすすめします。

ステップ型よりもジャンプ型の方が返戻率は高いからです。

仮にお子さんが大学に進学しなかったとしても、早い段階で満期保険金を受け取ることも可能なので、安心してくださいね。

2.学資保険では珍しい兄弟割引があります

学資保険「みらいのつばさ」のもう一つの大きなメリットは、兄弟揃って加入すると割引される制度があることです。

兄弟で加入すると保険料が割引になります。

割引率は加入するプランによって変動しますが、月払いプランの場合は10万円につき10円割引されます。

ただし兄弟割引が適用されるようになるには、契約者が同一であることなど条件があるので、事前にしっかり確認しておきましょう。

3.契約者が死亡、不慮の事故に遭っても祝い金、満期保険金が受け取れます

「みらいのつばさ」の場合、契約者の方に万が一のことがあった時、保険料の払い込みは免除され、かつしっかり祝い金と満期保険金を受け取ることができます。

どんな時もお子さんが学習することのできる環境をつくってあげることのできる保障です。

学資保険「みらいのつばさ」のデメリット2つ

メリットだけを紹介されても、その学資保険がどんなものが把握しづらいと思います。なのでつづいて学資保険「みらいのつばさ」のデメリットを紹介します。

1.契約できるのは被保険者のお子さんが0〜7歳の間だけです

幼稚園や保育園を卒園してからお子さんの学資保険を検討しようと思っている人は注意が必要です。

なぜなら学資保険「みらいのつばさ」の場合、加入できるのはお子さんが7歳の時までだからです。

なおかつ加入できる契約者の方の年齢も男性の方は18〜70歳、女性の方は16〜70歳と決められています。

高齢のご夫婦の方は加入できる年齢にも気をつけてくださいね。

また契約者様が高齢であればあるほど、返戻率は下がってしまいます。

例えば受け取り総額200万円のジャンプ型プランを20歳の男性が契約した場合、返戻率は110.4%ですが、60歳の男性が契約した場合98.8%と元本割れしてしまいます。

契約者の方はなるべく若く女性の方が返戻率も高くなる傾向があります。

そのことを念頭に置いて加入を検討してくださいね。

2.満期の設定はステップ型もジャンプ型も22歳だけ

学資保険「みらいのつばさ」の場合、満期保険金を受け取れるのはどのプランでも22歳のみです。他の年齢を選ぶことができません。

お子さんを中学や高校から私立など、学費のかかる学校に入れることを検討している人にとって、22歳の満期は遅く感じると思います。

満期の年齢の選択肢がないのが「みらいのつばさ」で少し残念な点です。

お子さんが社会人になるのを機に、自立資金を貯めてあげたい人には適切な設定ではありますよ。

気になる「みらいのつばさ」の口コミ&評判は?

つづいて実際に学資保険「みらいのつばさ」に加入した人たちの気になる口コミと評判を紹介します。

「みらいのつばさ」の良い口コミ&評判

学資保険「みらいのつばさ」の口コミや評判で良く見かけた意見は「返戻率が高い」というものです。

フコク生命のHPなどで調べたものよりも、実際にライフプランナーの方に相談したら返戻率の高いプランを提示してもらえた人もいるみたいです。

また良い意見としてあったのが「ライフプランナーの方の対応が丁寧だった」というものです。

HPからライフプランナーの方に相談する予約を取り、気になっていた点を相談したところ、とても親身に相談に乗ってもらえた、という口コミがありました。

大切なお子さんのために貯めたい教育資金は、親身で頼りのなる保険会社を選びたいですよね。

「みらいのつばさ」のあまり良くない口コミ&評判

学資保険「みらいのつばさ」でのネガティブな口コミと評判で見かけたのが、「満期の年齢が22歳で、学費に当てられない」というものです。

やはり学資保険はお子さんの学費にあてたい人が加入するので、お子さんが大学まで進学した場合でも、22歳が満期の年齢だと少し遅く感じるお客様はいるようです。

ただお子さんが社会人になる準備、または大学院進学まで考慮している人には満期が22歳という「みらいのつばさ」の設定もデメリットではないです。

次によく見たネガティブな口コミと評判は、「加入後のアフターケアがない」という意見です。

加入するまでは担当のライフプランナーの方も親身に対応してくれていたのに、契約が終わったあと連絡がこなくなってしまったという意見が少し見られました。

ただし忙しいため加入後にそこまでライフプランナーの方と連絡を取りたくないというお客さんもいると思います。

そのため、そういったお客さんの要望が反映されている可能性もあります。

まとめ

いかがでしたか?

最後に筆者が感じた、フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」の最大のメリットを紹介します。それは安定した返戻率の高さです。

少子高齢化が進んでいる日本で、しっかりとお子さんの未来をつくりたい両親にとって、学資準備金は1円でも多く増やしたいと願うのが親心です。

「みらいのつばさ」は平均して100%を超えた返戻率を誇っているので、元本割れなどの心配がほとんどありません。

お子さんの明るい未来のためにも、フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」を検討してみてはいかがでしょうか?

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)