ドル建ての学資保険ってどんなもの?5社を比較!メリット・デメリットからおすすめまでを解説!

ドル建ての学資保険ってどんなもの?5社を比較!メリット・デメリットからおすすめまでを解説!

現在、日本円が低金利であるため、利率の高い外貨で運用する「ドル建て保険」に対する注目が集まっています。

同様に、教育資金を準備するための「学資保険」においても、一般的な学資保険よりも大きく増やせる可能性があるということで、「ドル建ての学資保険」の加入も増加しています。

しかし、運用通貨が「ドル建て」ということで、気にはなっているけれど、実際に加入することには、不安を覚える方も多いのではないでしょうか。

ここでは、「ドル建ての学資保険」について、「特徴・メリット・デメリット」、そして「どんな商品を選ぶのがベストなのか」などについて、詳しく説明していきます。

ドル建て保険ってどんなもの?

まず初めに、「ドル建ての生命保険」の特徴について確認していきましょう。

ドル建て保険の基礎の基礎

「ドル建て生命保険」とは、簡単に言えば、保険料・保険金・解約返戻金などのやりとりが、すべて外貨であるドルを使用している保険を指します。

外貨は、米ドル、豪ドルの二つのどちらかから選択し、保険会社での資金運用も、日本円ではなくドル(外貨)で行うものです。

保険の仕組みや内容については、一般的な日本円建ての保険と変わりません。

相違しているのは、使用通貨がドルであるという点のみです。

「ドル建て生命保険」の基本的な特徴をまとめると、

  1. 円建ての保険と比較して保険料が割安。
  2. 資金運用を、日本円ではなく外貨であるドルで行うので、為替の変動に影響を受ける。
  3. 毎月一定額のドル(もしくは、その額に相応する円)で保険料を支払い、保険金を受け取る際もドルで受け取る
  4. 為替の変動があるため、支払う保険料・保険金の受取り金額に常時変動がある。
  5. もちろん、生命保険としての機能ももっている。

などになります。

ドル建て保険の種類について

ここでは、「ドル建て保険の種類」について書いていきます。

現在、日本で販売されているドル建て保険は、

  • 「ドル建て終身保険」
  • 「ドル建て個人年金保険」
  • 「ドル建て養老保険」

などがあります。

どの保険も、使用通貨が「円→ドル」と変わるだけで、仕組みについては円建てのものと変わりません。

傾向としては、貯蓄性の高いものに人気があります。

保険の種類 特  徴
終身保険 保障が一生涯続く
個人年金保険 一定期間、年金と同じように保険金が受取れる
養老保険 死亡時でも満期時でも受取る保険金額は同額

ドル建て保険の優れている点って?

現在販売されている円建ての保険と比較した場合、ドル建て保険の最も優れている点は、「利率の高さ」です。

保険会社が顧客に約束する利回りのことを予定利率といいます。

これは、標準利率(金融庁が発表している)を元にして決められるのですが、2017年4月に、国内の標準利率は1.00%から、0.25%に引き下げられたため、この影響で販売中止になった円建ての保険商品もありました。

なぜ、利率が高いといいのかというと、保険料が割安になるためです。利率が高いと、保障内容や満期保険金の額が同じであっても、月々の保険料の負担を軽くできるのです。

「ドル建て保険」においては、一番高いもので予定利率3%前後を保っています。

単純計算ですが、円建て保険の12倍の利率になるわけです。

これが、「円建て」より「ドル建て保険」が優れているといわれる点です。

ここまでは、「ドル建て保険」の「基礎的な知識」について説明しました。

ドル建ての学資保険のメリット・デメリットってどんなこと?

ここからは、「ドル建ての学資保険」について、詳しく書いていきます。

まず初めに、「ドル建ての学資保険」に加入することのメリット・デメリットについて解説します。

ドル建ての資保険に加入することのメリットとは?

「ドル建ての学資保険」に加入することのメリットは、簡潔にまとめると以下の3つになります。

  1. 「ドル建ての学資保険」の方が、「円建ての学資保険」よりも金利が高い(円建てよりも利回りが良いため)。
  2. 「ドル建ての学資保険」の方が、「円建ての学資保険」より予定利率が高いため、保険料が割安になる。
  3. 条件によっては、受け取れる保険金額が増える(加入時よりも円安であれば、為替差益(為替相場の変動で発生する差益を指す)がプラスされるため)。

もし、満期になった時に為替相場の状況が良くなければ、満期金を受け取らないで据え置くこともできるので、一番いいタイミングを待って満了金を受け取ることも可能です。

このように、「ドル建ての学資保険」は、条件が良ければ満期金を多く受け取ることが出来るという点が大きなメリットと言えます。

ドル建ての学資保険に加入することのデメリットとは?

つぎに、「ドル建ての学資保険」に加入することのデメリットについて書いていきます。

デメリットという点では、以下の3つが挙げられます。

  1. 保険金を請求する時が円高だった場合、保険金額が少なくなる
  2. 外貨の仕組みに詳しくないと、わかりにくい部分がある
  3. 毎月、保険料を支払う際に為替手数料がかかる

「ドル建ての学資保険」は、使用通貨が日本円ではありませんから、ある程度外貨についての詳しい知識を持った人でないと、

  • 「分からない」
  • 「難しい」

と感じること、保険料を支払う際、ドルに両替して払わなければならないため、毎月為替手数料が発生することが、デメリットになります。

そして、最大のデメリットと言えるのが、支払時もしくは受取り時の状況が、円高であるか円安であるかによって、保険金や保険料の金額が一定しないことです。

こういったデメリットは、使用通貨が外貨であることで、常に為替相場が変動している為に起きます。

やむを得ない事情ではありますが、気を付けなければいけない点です。

ドル建てと日本円建て、学資保険としてメリットの大きいのはどっち?

ここでは、学資保険として加入する場合、「ドル建てと円建てでは、どちらを選択するのが、よりメリットが大きいのか」という点について書いていきます。

しかし、この「どちらを選択すればメリットが大きいのか」という点は、答えを出すのが少々難解です。なぜなら、どちらにも長所と短所があるからです。

あえて、答えを出すのであれば、

  • 「予定している保険金額を、額面通り確実に受け取ることを希望するのなら円建ての学資保険」
  • 「確実ではないが、予定している金額より、多くの保険金を希望するならドル建ての学資保険」

ということになるでしょうか。

現在日本は、低金利時代が続いていますが、基本的には予定利率からの大きな変動はないため、「日本円建ての学資保険」に加入しておけば、ほぼ確実に教育資金を残せるからです。

大切なことは、基本的に「日本円で積み立てる学資保険は貯金」であり、「ドル建て生命保険は投資」であるということをわすれないことです。

学資保険のドル建て商品5社を比較

ここでは、「ドル建て学資保険」を販売している5社の商品を比較解説しています。

2017/3時点で、日本国内で営業展開している生命保険会社は、41社になります。

そのうち、学資保険、もしくは代替となるドル建て保険を取り扱っている保険会社は、5社です。

ソニー生命米ドル建養老保険「学資プラン」

この商品は米ドル建ての養老保険で、満期保険金や解約返戻金を学資金に充てるというコンセプトです。

保険料の支払いや保険金・解約返戻金の受取は米ドルのほか、円建てでも可能です(ただし特約を付加するなどが必要)。

保険期間は15~20年満期までを、一年単位で選択できます。

5年、10年の短期払・米ドルでの前期全納も可。満期保険金は一時金で受け取れるほか、特約を付ければ年金受け取りも可能です。

最低加入が2万米ドルとハードルは高いですが、満期の期間や保険料支払期間の設定などは、ニーズに合わせて自由にできます。

短期払いをすることで貯蓄性がアップするのは「学資保険」と同様です。

ジブラルタ生命 「ドリーム・ゲート」

ジブラルタ生命のドリーム・ゲートは学資保険ではありませんが、学資保険的な使い方が出来るので、学資保険に分類しました。

本来はドル建て終身保険です。

ほかのドル建て保険と比較して、特に変わった点、特筆すべき点はありませんが、4回に分割して受け取れる「ドリーム・ボーナス」という給付金が付いていることが特徴です。

プルデンシャル生命米ドル建年金支払特殊養老保険(リタイアメント・インカム)
プルデンシャル生命では、学資保険の取り扱いがありません。そのため、この米ドル建年金支払特殊養老保険(リタイアメント・インカム)を、学資保険の代用として勧めています。

この商品は、貯蓄性の高い保険であり、返戻率が100%を超えていると言う点、死亡保障にも備えられる点が特徴です。

メットライフ生命 「USドル建終身保険ドルスマート」

「USドル建終身保険ドルスマート」は、本来学資保険ではなく、最低3%の積立利率が保証された利率変動型の終身保険です。

米ドル建て保険のなかで積立利率変動型はこの商品のみです。

なお、低解約返戻金型終身保険でもあるため、短期で保険料を支払ってしまうと、据置期間が長く取れるため、受け取れる保険金が上がる点に特徴があります。

アクサ生命 「変額保険ユニット・リンク(有期型)」

「変額保険ユニット・リンク(有期型)」は学資保険の代替商品として販売されています。

この保険商品は、「特別勘定」のもと、ハイリターンを追求して運用されるため、その運用実績に応じた満期保険金を受け取れるという特徴があります。

ここまで、5社の商品を調べてきましたが、ほとんどの場合、学資保険という形ではなく、終身保険の特徴を生かして、学資保険の代わりにするというようなパターンでした。

いずれの会社の商品も、日本よりも金利の高い通貨であるドルで運用することになるため、条件によっては、予定していた保険金額より多くなる可能性もあります。

しかし、ドル建ての終身保険を学資保険の代用として使うことは、本来の学資保険のように、約束された保険金額を確実に受け取れるのではなく、「価格が変動するリスクのある商品で、教育資金を準備するのだ」ということを覚えておく必要があります。

学資保険のドル建て商品おすすめランキング5

ここでは、前章で解説した商品を、オススメ順にランキング5位まで選択してみました。

1.ソニー生命「米ドル建て養老保険(学資プラン)

「万一のときの保障と将来のための貯蓄を同時に備える」というコンセプトと、特約の追加は必要ですが、保険料の支払いや保険金・解約返戻金の受け取りは、円建ててでも可能という、柔軟性を評価しました。

2.メットライフ生命「USドル建終身保険ドルスマート」

「ドルスマート」は、短期で保険料を支払ってしまうと、据置(すえおき)期間を長くとることが出来、受け取れる保険金が上がる点を評価しました。

基本が終身保険ですから、何らかの理由で教育資金として使わなかった場合でも契約は継続できるのもポイントが高い点です。

3.プルデンシャル生命米ドル建年金支払特殊養老保険(リタイアメント・インカム)

プルデンシャル生命では、ドル建ての学資保険が販売されていないので、その代わりに提案される保険がこの「米ドル建年金支払特殊養老保険(リタイアメント・インカム)」です。

貯蓄性の高い保険商品で、返戻率だけをみれば100%を超えること、死亡保険にも備えられるという点を評価しました。

4.ジブラルタ生命「ドリーム・ゲート」

ジブラルタ生命の「ドリーム・ゲート」は、通用のドル建て保険の特徴のほかに、円建ての学資保険についている生存給付金のような、4回に分割して受け取れる「ドリーム・ボーナス」という給付金が付いていることを評価しました。

5.アクサ生命 「変額保険ユニット・リンク(有期型)」

「変額保険ユニット・リンク(有期型)」は「特別勘定」を使用し、ハイリターンを追求して運用されるため、その運用実績に応じた満期保険金を受け取れるという特徴があります。

学資保険のドル建て商品を選びなら結局はどれ?

今回、ランキング5ということで、ネットでの評価や口コミが高かったものを挙げてきましたが、どの保険も100%完璧というものはなく、必ずメリット・デメリットがあります。

ですから、加入を希望する場合は、該当の保険のサイトにアクセスして詳細を調べたり、分からない点があれば、直接質問・相談し、よく理解したうえで、加入されることをお勧めします。

学資保険のドル建て商品の加入に悩んだら相談を!

今回は、「ドル建ての学資保険」について詳しく調べてきました。

一般的な学資保険よりも大きく増やせる可能性があるということで、注目が集まっているドル建ての学資保険ですが、教育資金を、ドル建て商品で積み立てようと考えることは、「貯蓄」ではなく「投資」での準備になることを、まず最初に理解することが大切です。

「学資プラン」などと名前が付けられていると、円建ての学資保険と同様に考えて、安心して加入を考えてしまいますが、ドル建て保険はすべて、為替相場の変動リスクと背中合わせだということを覚えておいてください。

繰り返しになりますが、「ドル建ての学資保険」に加入を希望する場合は、該当の保険のサイトにアクセスして詳細を調べたり、分からない点があれば、直接質問・相談し、よく理解したうえで、手続きをされることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)