学資保険に入る必要性は?メリットとデメリット・加入する時期は?

学資保険に入る必要性は?メリットとデメリット・加入する時期は?

「子供が生まれたら学資保険に入りなさい」と薦められたことのある人はいますか?

学資保険に助けられた経験から薦めてくる人もいるのでしょうが、学資保険に加入する必要性はあるのでしょうか?

メリットやデメリットや加入する時期はいつが良いでしょう。

学資保険とは?

学資保険とは、子供が学校に通うための学費を準備するための保険です。

子供を大学に入学させるときには、入学金や授業料などまとまったお金が必要になります。大学4年間にかかる学費は500~800万円にもなります。

お金持ちでもないかぎり、急に数十万円~数百万円のお金を用意しようと思っても難しいです。

そのため、前もって子供の学費にかかるお金を用意しておく家庭が多いですが、子供の学費を貯めるために、学資保険を利用する人もいます。

学資保険にはどのようなものがあるのでしょうか?

学資保険のタイプ

学資保険には貯蓄型と保障型の二つのタイプがあります。

貯蓄型

貯蓄型保険は、毎月保険料を積み立てて、満期になったら受け取るタイプの学資保険です。

金利が変わらず、満期まで積み立てれば、返戻金は払ったお金よりも多くなります。

しかし、金利が変動したり、途中で解約すると、元本は減ってしまいます。

銀行に預けておいても、低金利で預金は増えませんから、金利の高い学資保険のほうが良いということで、貯蓄の変わりに加入する人が多いです。

保障型

保障型は、親に何かがあったときのために、親の生命保険などの特約のついている保険です。

子供が大学を卒業するまで、親が健康で生きていれば、毎月積み立てる貯蓄型の保険でも問題ないと思います。

しかし、万が一、親がなくなったり、高度障害になってしまって、保険金を払えなくなってしまったら、どうでしょう。

貯蓄型の保険に入っていた場合は、途中解約することになり、元本が減ってしまいます。

また、お父さんが亡くなって、お母さんだけなってしまった場合、お母さん一人で子供の学費を全部用意できるでしょうか?

一生懸命勉強していたのに、お父さんが亡くなってしまって、希望の進学コースを諦める子供もいます。

お父さんもお母さんも、子供が大人になるまで元気でいてくれたら良いのですが、人生何がおきるか分かりません。

もしも保障型の保険に入っていれば、親に万が一があった時にも、まとまったお金が下りてきます。

また、親が亡くなったときには、払い込み免除になり、満期には学資金を受け取ることができます。

保障型の学資保険には、子供がケガや病気をしたときの、子供に対する保証がついている保険もあります。

保障型は、お金を貯めるだけでなく保証がついているので、万が一のときの備えにもなります。

しかし、保障型の場合は、保証がついている分、満期の受け取り金額は、払い込み金額よりも低くなります。

子供の学費の平均は?

子供の学費は平均でどれくらいかかるのでしょう?

小学校から大学まで公立・国立に通わせた場合、

  • 小学校6年間で約200万円
  • 中学校3年間で150万円
  • 高校3年間130万円
  • 大学4年間で500万円

合計で980万円ほどかかる計算になります。

小学校から大学まで全て私立の場合は、

  • 小学校6年間で900万円
  • 中学校3年間で400万円
  • 高校3年間で300万円
  • 大学4年間で800万円

小学校から大学までの合計2500万円程度かかります。

(参考:https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/kyouikuhi_chousa_k_h29.pdf

小学校から大学まで全て公立で約1000万円、小学校から大学まで全て私立で約2500円の教育費がかかるということになります。

子供の学費はいつまでにいくら用意すべき?

一番学費がかかり、親の負担が大きくなるのが、子供が大学に通うようになってからです。

そのため、大学入学までに300万円程度の資金を用意しておいたほうが良いといわれています。

幼稚園に入園したときから、子供には学費がかかりますが、子供が高校生くらいまでの間は、月々数万円の学費ですので、毎月やりくりして支払えば、何とかやっていけます。

例えば、上記の平均を例にとって計算してみると、小学校から高校までの子供一人につき、一ヶ月にかかる教育費は、

  • 公立小学校2万7千円
  • 公立中学校4万1千円
  • 公立高校3万6千円

になります。

この教育費の中には、塾や習い事も含まれますから、そういったものに通わせなければ、もうすこし安く抑えることもできます。

どちらにしても、毎月数万円の支払いならば、月々の収入の中から、なんとか支払っていけます。

しかし、大学進学となると、そうはいきません。国公立大学でも、入学金は14万円~28万円程度かかります。授業料は、年間で53万円程度かかります。

国公立大学に通わせる場合でも、4年間で合計500万円程度の学費がかかります。

500万円の学費を単純に4年間で計算すると、一ヶ月あたり10万5千円になります。これだけの金額を、日々の家計の中から捻出するのは大変です。

しかし、例えば300万円の資金の用意があれば、負担は少しラクになります。

子供が大学に通うのに500万円かかるとして資金が300万円あれば、残り200万円を毎月4万円、4年間払えば良いことになります。

この300万円程度の資金を貯めるために良いといわれて来たのが、学資保険です。

子供が生まれたらとりあえず学資保険に加入し、子供が18歳になるときに受け取る設定にしておけば、満期時には必要な資金がたまっています。

「子供が生まれたら学資保険に入りなさい」と、学資保険の必要性を、周りの人から説明された経験のある人もいるのではないでしょうか?

子供の学費をしっかり貯めておかないと、後で大変な思いをするということから、そのような助言をしてくれるのだと思います。

しかし、実際に、学資保険にはいる必要性はあるのでしょうか?

学資保険のメリットとデメリット

学資保険の必要性を考えるために、まず、学資保険にはどのようなメリットとデメリットがあるのか見てみましょう。

学資保険のメリット

学資保険に加入するメリットとしては次の5つがあげられます。

  • 銀行預金に比べると高利回り
  • 親に何かあったときには支払い免除がある
  • 節税できる
  • 計画的にお金がたまる
  • 金利が下がっても損をしない

詳しく見ていきましょう。

メリット1:銀行預金に比べると高利回り

まず、学資保険は、銀行預金に比べると高利回りです。

保険の場合は利回りではなく、返戻率で計算しますが、今は銀行に預けておいても、すずめの涙程度の利息しか付かないわけですから、それに比べたらマシだ、ということで、今までは学資保険を選ぶ人が多かったようです。

しかし、2016年に始まったマイナス金利政策の影響を受けて、状況は変化しています。

2010年には119.7%もあった学資保険の返戻率ですが、2016年には105.2%にまで下がっています。

マイナス金利の影響で、学資保険の返戻率が下がってしまったことにより、取り扱い停止になった保険商品も数多くあります。

マイナス金利時代に、貯蓄型の学資保険に入る必要性はあるのかどうか、考えてみる必要がありそうです。

メリット2:親に何かあったときには支払い免除がある

保障型の学資保険に加入しておけば、親に万が一の事があっても安心です。

前述したように、保障型の学資保険の場合は、親が亡くなった時に保険金が下りる生命保険がついているタイプや、親が死亡したときに払い込み免除になるタイプの保険があります。

また、子供にケガや病気があったときの保証がついているタイプもあります。

親や子供に何も無ければかえって損をするかもしれませんが、何かあったときには、学資保険は心強いです。

メリット3:節税できる

学資保険は所得控除の対象になります。余剰資金をタンス預金や銀行に預けておいても、所得控除の対象にはなりません。

上手に学資保険を使うことで、余剰の資金が所得控除の対象になり、結果的に節税になります。

メリット4:計画的にお金がたまる

学資保険に加入することで、計画的にお金を貯める事ができます。

お金があったら、あっただけ使ってしまう浪費家の人でも、毎月の保険料を払うことになっていれば、嫌でもお金がたまります。

半ば強制的に貯蓄できるのが、学資保険のメリットでもあります。

メリット5:金利が下がっても損をしない

すでに述べましたが、マイナス金利の影響で、学資保険の返礼率は下がっていますので、これから学資保険に加入する必要性は、低いかもしれません。

しかし、既に学資保険に加入している人は、今までの利率とかわらぬまま運用でき、加入当時の条件のまま運用し、約束されていた満期金を受け取る事ができます。

金利が高いときに加入しておけば、金利が下がったときにも損をしないのが、学資保険のよいところです。

【【学資保険のデメリット】】

学資保険のデメリットはなんでしょうか?

デメリットは次の5つとなります。

  • 元本割れリスク
  • 中途解約リスク
  • 保険会社の倒産リスク
  • 加入できない人もいる
  • 金利が上がると損をする

詳しく見ていきましょう。

デメリット1:元本割れリスク

学資保険は、元本割れのリスクがあります。

デメリット2でも述べますが、中途解約した場合、満期時に予定していた返戻金が戻ってこない事になり、元本割れしてしまいます。

また、万が一のときのために、死亡保障などつけて保障型の保険にした場合には、その分、満期時の受け取り金額が減ります。

学資保険は、実際に支払った金額よりも、受け取る金額のほうが少なくなる可能性がありますので注意しましょう。

デメリット2:中途解約リスク

貯蓄型の学資保険の場合は満期まで支払い続けることを条件に、積み立てたお金以上のお金がもどってくる仕組みです。

したがって、なんらかの事情で途中で支払いができなくなってしまうと、満期時に、予定していた金額を受け取る事ができません。

積み立てている途中で親が病気になって働けなくなったり、亡くなったり、失業するかもしれませんが、貯蓄型の学資保険は、そのような「もしものこと」が起きて、保険料を支払えなくなった場合などに、元本割れする可能性があるのです。

デメリット3:保険会社の倒産リスク

保険会社が倒産するリスクがあります。

格付けをチェックすることで、倒産しなさそうな会社はある程度わかりますが、「まさか・・」と思うような、予期せぬ事態が起きる可能性もあります。

保険会社が倒産してしまっても、ある程度の保証はされますので、積み建てたお金が全てなくなるケースは少ないとは思いますが、それでも積み立てたお金の一部が戻ってこない場合があります。

そうなってしまったら、銀行にでも預けておけばよかった・・・ということにもなりかねません。

デメリット4:加入できない人もいる

学資保険は子供がいないと加入できません。そのため、子供が生まれる前から積み立てることは出来ません。

なるべく早いうちからお金を積み立てて、効率的に増やしたいと考える人にとっては、加入時期が遅れることはデメリットになります。

また、たとえば満期が18歳の保険なら、子供が0歳~7歳までに加入しなければいけないなど、加入条件が保険商品によって決まっており、加入しようと思った時すでに、子供の年齢が高すぎると、加入できないこともあります。

また、保障型の保険に入ろうと思っても、親の健康状態の問題で、加入できないこともあります。

加入できない人がいることも学資保険のデメリットになります。

メリット5:金利が上がると損をする

満期受取金は加入したときの金利で決まります。そのため、加入したあとに金利が上がっても、加入済みの保険の金利はあがらず、低い金利のまま最後まで運用することになります。

他の商品に乗り換えたくても、中途解約すると元本割れしてしまいますので、乗り換えが出来ない場合もあるでしょう。

そうなると、結果的に損をしてしまいます。

学資保険に入る必要性が高い人

このように、学資保険にはメリットもあればデメリットもありますが、どのような人に学資保険が向いているのでしょうか?

貯金が苦手な人

自分で貯金するのが苦手な人には、学資保険はオススメです。

学資保険に入れば、とりあえず、月々決まった金額を支払わなければいけません。

満期時にいくら貯めるか決めて、それを貯めるのに必要な金額を毎月支払うわけですから、自分で計算しなくても、気が付いたらお金が貯まっています。

特約をつけたい人

親の死亡保障や、子供の入院保証などの特約をつけたい人にも、学資保険はオススメです。

お金を貯めるだけでなく、万が一のときの備えもできるのが学資保険の良いところです。

学資保険に入る必要性の低い人

学資保険に入る必要性のない人はどんな人でしょうか。

学費の用意がある人

既に充分な資産があり、子供の学費にまったく困らないという人は、学資保険に入る必要はありません。

資産のある人は、あらためて学資保険に入ることで、かえって元本割れリスクなどのリスクを抱えることになりますから、薦められても入らないほうが良いかもしれません。

資産運用をしている人

自分で資産運用をしている人にも、学資保険の必要性はありません。

自分で資産運用できるような人であれば、学資保険よりも効果的な方法で財を増やし、子供の学費を準備できると思います。

学資保険よりも利回りが高い運用方法や、リスクの少ない方法もあります。学資保険にこだわらず、様々な運用方法を調べてみると良いと思います。

自分で貯金が出来る人

毎月決まった額の貯金の出来る人も、学資保険に加入する必要性は低いでしょう。

貯めたお金を銀行の定期預金に預けておけば、元本割れすることもありません。

既に他の保険に入っている人

生命保険など、他の保険に入っている人は、保障型の学資保険に入る必要性は低いです。

既に生命保険に入っていれば、新たに親の死亡保障つきの学資保険に入る必要はありません。

何重にも保険に入ると、かえって損をしてしまいますから、今入っている保険を整理してから、学資保険加入も検討してみると良いかもしれません。

収入が不安定な人

収入が不安定だったり、もともとの手取りが少ない人も、学資保険に入らないほうが良いでしょう。

というのも、貯蓄型の学資保険は、満期まで保険料を支払うことを前提として加入するものです。

収入が不安定な人は、いつ、保険料を払えなくなるか分かりません。途中で保険料を払えなくなってしまったら、元本割れして、かえって損をしてしまいます。

保険料を最後まで払うのが難しい人が、無理して学資保険にはいる必要性はないです。

別の方法で、子供の教育資金を用意したほうが良いかもしれません。

学資保険の加入と支払いのタイミングはいつが良い?

子供の学費が一番必要となるのは、大学入学時です。一般的には、大学入学までに300万円前後を目標に貯蓄をすべきだと言われています。

満期は子供が大学に進学する前の、18歳に設定するケースが多いです。

保険商品や支払いのタイミングによって、加入できる子供の年齢が変わってきます。

たとえば、大学進学時の18歳を満期支払いに設定する保険の場合は、0~7歳までに加入しなければいけない、などの条件が決まっているのです。

また学資保険は、通常は子供がいなければ加入できません。加入するのは、子供が生まれてからになります。

今は、妊娠中から加入できる保険商品も出ています。たとえばアフラックの学資保険では、子供が生まれる140日前から加入できます。

また、加入時の親の年齢が若い方が、保険料も安くなります。これは、学資保険に死亡保障もついているからです。

学資保険に加入するなら、なるべく、親が若いうちに加入したほうが良いでしょう。

まとめると、

  • 加入のタイミング…子供が生まれたあと、親がなるべく若いうち
  • 支払いのタイミング…18歳(大学入学前)

に設定するのが一般的ということになります。

ただし、加入したタイミングの金利の動向によって、満期時に得をするか損をするかが変わってきます。

今すぐ学資保険に加入すると、かえって損をするような状況であれば、学資保険ではなく、もっと別の方法で資産運用したほうが良いかもしれません。

学資保険に入る必要性を検討してから加入しよう

学資保険には、メリットとデメリットがあります。

高い返戻率が魅力的だった学資保険ですが、マイナス金利政策の影響で、返戻率は下がっており、それほどお得な保険商品でもなくなってきています。

学資保険よりもしっかり貯められる、別の保険商品や、定期預金に貯蓄する方法を選択したほうが良い場合もあるかもしれません。

しかし、親が死亡したときのリスクに備えたい人や、自分で貯金の出来ない人には、学資保険はオススメです。

「子供が生まれたら学資保険に入りなさい」と薦められることもあるかもしれませんが、学資保険のメリットとデメリットと必要性を考え、自分に合った子供の学費の用意の仕方を選ぶと良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)