子供の幼稚園から大学までの学費の平均は?学費を準備する方法は?

子供の幼稚園から大学までの学費の平均は?学費を準備する方法は?

  • 子供の幼稚園から大学までの学費は平均でどれくらいかかるものでしょうか。
  • 子供の学費はどのようにして準備したらよいのでしょうか?
  • 子供の学費を工面できないときは、どうしたらよいのでしょう?

学費の平均と、学費を準備する方法をまとめました。

子供の学費は平均いくらかかる?

子供の学費は、どれくらいかかるものでしょうか?

まずは、幼稚園から大学までの学費を見てみましょう。

尚、以下の結果の中には、学費や入学金以外の、塾や給食費、サークルや部活などにかかるお金も全て学費に含んで計算しました。

幼稚園の学費

幼稚園の学費の種類は、

  • 公立幼稚園
  • 私立幼稚園

とがあります。

それぞれどのくらい学費がかかりのでしょうか。詳しく見ていきます。

公立幼稚園

公立幼稚園に通わせた場合は、

  • 授業料:6万2千円
  • その他:5万8千円

このほかに、給食費が2万円程度、課外活動費が9万円程度かかります。

全てあわせると、公立幼稚園の学習費総額は年間で23万円程度です。

私立幼稚園

私立幼稚園に通わせた場合は、

  • 授業料:21万5千円
  • その他:10万2円

一年間で合計48万円程度の学費がかかります。

このほかに、給食費が3万円程度、課外活動費が13万円程度かかります。

全てあわせると、私立幼稚園の学習費総額は年間で48万円程度です。

小学校の学費

小学校の学費の種類は、

  • 公立小学校
  • 私立小学校

とがあります。

それぞれどのくらい学費がかかりのでしょうか。

詳しく見ていきます。

公立小学校

公立小学校に通わせた場合は、

  • 授業料:0円
  • その他:6万円

このほかに、給食費が4万円程度、課外活動費が22万円程度かかります。

全てあわせると、公立小学校の学習費総額は年間で32万円程度です。

6年間で教育費に192万円程度かかる計算です。

私立小学校

私立小学校に通わせた場合は、

このほかに、給食費が4万円程度、課外活動費が61万円程度かかります。

全てあわせると、私立小学校の学習費総額は年間で153万円程度です。

6年間で教育費に918万円程度かかる計算です。

中学校の学費

中学校の学費の種類は、

[list class="li-mainbdr strong"]
  • 公立小学校
  • 私立小学校

とがあります。

それぞれどのくらい学費がかかりのでしょうか。

詳しく見ていきます。

公立中学校

公立中学校に通わせた場合は、

  • 授業料:0円
  • その他:13万円

このほかに、給食費が4万円程度、課外活動費が30万円程度かかります。

全てあわせると、公立中学校の学習費総額は年間で48万円程度です。

3年間で教育費に144万円程度かかる計算です。

私立中学校

私立中学校に通わせた場合は、

  • 授業料:42万円
  • その他:57万円

このほかに、給食費が8千円程度、課外活動費が32万円程度かかります。

全てあわせると、私立中学校の学習費総額は年間で133万円程度です。

3年間で教育費に399万円程度かかる計算です。

高校の学費

高校の学費の種類は、

  • 公立高校
  • 私立高校

とがあります。

それぞれどのくらい学費がかかりのでしょうか。

詳しく見ていきます。

公立高校

私立高校に通わせた場合は、

  • 授業料:2万円
  • その他:26万円

このほかに、課外活動費が17万円程度かかります。

全てあわせると、公立高校の学習費総額は年間で45万円程度です。

3年間で教育費に135万円程度かかる計算です。

私立高校

私立高校に通わせた場合は、

  • 授業料 27万円
  • その他 48万円

このほかに、課外活動費が29万円程度かかります。

全てあわせると、私立高校の学習費総額は年間で104万円程度です。

3年間で教育費に312万円程度かかる計算です。

大学の学費

大学の学費の種類は、

  • 国立大学
  • 私立大学

とがあります。

それぞれどのくらい学費がかかりのでしょうか。

詳しく見ていきます。

国立大学

国立大学に通わせた場合は、

  • 入学費用:69.2万円
  • 在学費用:108.5万円(年間)

4年間で合計503万円程度の学費がかかります。

私立大学

私立大学に通わせた場合は、

理系の場合は、

  • 入学費用:87万円
  • 在学費用:180.2万円(年間)

4年間で合計790万円程度の学費がかかります。

文系の場合は、

  • 入学費用:92.9万円
  • 在学費用:161.3万円(年間)

4年間で合計738万円程度の学費がかかります。

(参考:https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/kyouikuhi_chousa_k_h29.pdf

公立と私立の違い

このように、子供にかかる学費をそれぞれ見ていくと、公立の学校と私立の学校では、学費のかかり方が違います。

年間総額で3~4倍も学費がちがいます。

小学校から大学までトータルで計算してみると、私立と公立では、以下の結果になります。

小学校から大学まで公立・国立に通わせた場合、

  • 公立小学校 6年間で192万円
  • 公立中学校 3年間で144万円
  • 公立高校 3年間135万円
  • 国立大学 4年間で503万円

小学校から大学までの合計974万円かかります。

小学校から大学まで全て私立の場合(理系)、

  • 私立小学校6年間で918万円
  • 私立中学校3年間で399万円
  • 私立高校3年間で312万円
  • 私立大学理系4年間で790万円

小学校から大学までの合計2419万円かかります。

小学校から大学まで全て私立の場合(文系)、

  • 私立小学校6年間で918万円
  • 私立中学校3年間で399万円
  • 私立高校3年間で312万円
  • 私立大学文系4年間で738万円

小学校から大学までの合計2367万円かかります。

このようにトータルで計算してみると、公立・国立と私立では、2.5倍程度も学費が違う事がわかります。

私立の学校のほうが、環境がよく、良い教育を受けられるかもしれませんが、親の経済的な負担も大きくなります。

また、良い学校を受験させるために、塾に通わせる場合もあります。この場合は、学校以外に塾にも学費がかかります。

経済的に余裕の無い親が子供を私立に進学させるために、借金をしたり、仕事で無理をする場合もあるかもしれません。

貧しい家庭にもかかわらず、親が無理をして、子供を私立に通わせた結果、周りの子ども達の生活レベルの違いに、子供が苦しむことも考えられます。

充分な経済的余裕のある家庭であれば、迷わず私立に通わせるというのでよいでしょうが、そうでない場合は、無理して私立に通わせるべきかどうか、じっくり考えたほうがよいかもしれません。

また、小学校から大学の学費を見比べてみると、公立の学校でも小学校が年間32万円、中学校が48万円、高校が45万円です。

高校の教育費の中には給食代が含まれていないので、その分、安くなっていますが、高校生の子供のお弁当代を毎日500円で計算すると年間12万円になりますから、実際は中学校よりも高校のほうが教育費用そのものはかかると考えて良いと思います。

大学の学費は4年間で500~750万円程度です。

小学校まではそれほど学費はかからなくても、中学校に上がるころから、学費の負担は増えてくと考えられます。大学生になれば、さらにお金はかかります。

子供を大学に進学させるつもりなら、子供が大学に入るまでに300万円の準備金が必要とも言われています。

子供がある程度大きくなってきたら、学費をどう工面するかを考えたほうがよいでしょう。

学費以外に子供にかかるお金

授業料や入学金などの学費以外にも、子供の教育費にお金はかかります。

学校の授業だけでは、学力が不足だと考える親もいることでしょう。

そのような場合は、学習塾に通わせるという選択を取る親も多いと思います。

または、子供が自分から、塾に通いたいと言うケースもあると思います。

私立に入学させるために、お受験させるような家庭であれば、お受験のための塾にお金がかかるケースもあります。

塾にかかる学費は、通わせる塾によってまちまちですが、公立の小学生で年間5万6千円、私立中学生で年間22万円、公立に通う中学生で年間20万円、私立に通う中学生で年間14万円程度になります。

塾は義務ではないので、通わせても通わせなくても、どちらでも良いものですが、やはり子供の学力や進学のことを考えると、塾に通わせる選択をとる親も多いのではないでしょうか。

(参考:子供の学習調査費平成28年度より

お稽古

学力をつける勉強のほかに、素養として子供に身につけさせたいお稽古事もあります。

習い事をさせるかどうかは、各家庭の考え方によって変わってくると思いますが、ピアノ、ダンス、絵画などの習い事をすることで、一つのことを長く続ける力や、コミュニケーション能力が身につく効果もあると思います。また、芸が身を助けることもあります。

子供の将来と充実した人生のために、お金がかかっても良いから習い事をさせたいといういう親もいるでしょう。

また、子供が「習いたい」と自分から言い出した習い事を、経済的理由から諦めさせるのは、かわいそうだと考えて、習わせる親もいるかもしれません。

子供にかかるお金のなかに、お稽古事にかかる学費も含めたほうが良いです。

洋服

子供の洋服代もかかります。

学校の制服は必ず買わなければいけませんが、普段着の私服も必要です。

高校生にもなれば、自分の着たい洋服は自分でアルバイトをして買うなどもできるかもしれませんが、中学生くらいまでは親が買ってあげる必要があります。

子供といえども、着ている洋服があまりにも時代遅れだったり、ボロボロであれば、子供が学校で哀しい思いをしますから、ある程度のものは、買ってあげたいと考える親も多いのではないでしょうか?

洋服代も安く済ませようと思えば済ませられますが、かけようと思えばいくらでもかけられるものです。

レジャー

休みの日には、子供を遊びに連れて行ってあげたいと考える親もいるでしょう。

キャンプや遊園地、映画、スキー、海水浴、旅行などのレジャーは、絶対に行かなければいけないというものではないですが、家族でどこへも出かけないというのも、わびしいものかもしれません。

子供の頃に家族で遊びに行った思い出は、貴重なものです。

また、キャンプに行って自然に親しんだり、映画を見たり、スポーツを楽しんだ経験が、子供の精神的な豊かさにもつながるかもしれません。

レジャーはお金をかけてゴージャスに楽しむこともできますが、工夫次第でお金をかけずに楽しむことも出来ると思います。

子供の一人暮らしのお金

地方に住んでいる子供が、都会の大学や高校に進学する場合、子供が一人暮らしをするケースもあります。

子供の住む地域によって家賃などの物価が変わりますが、一人暮らしをするとなれば、15万円~20万円程度の生活費が必要になります。

下宿や寮があれば、もう少し安く抑えられるでしょう。

大学生ともなれば、自分の生活費は自分でアルバイトをして稼ぐこともできますが、それでも、学生の身分では家賃と生活費を全て自分でまかなうのは難しいため、仕送りが必要になると思います。

地方に住んでいて、将来は、東京など都会の大学に通わせたいと考えている親は、大学在学中の子供の生活費のことも考えなければいけません。

子供の学費はどうやって準備する?

子供を大学にいかせようと考えている家庭では、最低300万円ほどためれば良いとも言われています。

実際に、子供にかかる学費は、どのように準備したらよいのでしょう?

実際に子育てをしている人たちは、どのように、子供の学費を捻出しているのでしょうか?

貯金

学費を用意するためには、貯金する方法があります。

毎月一定の金額を、自分たちで決めて、口座に入金しておいたり、自動引き落としを利用して貯金する方法がありますし、ボーナスなどでもらったお金を、まとめて貯金しておく方法もあります。

子供の学費はいくらでもかけられるものですから、どの程度用意するかは家庭によって違うと思いますが、大学進学までに、だいたい300万円貯める事を目安に考えておけば良いようです。

学資保険

浪費癖があったりして、貯金が苦手という人は、学資保険に加入する方法もあります。

学資保険なら、決まった金額を定期定期に納めなければいけませんから、貯金が苦手な人でも強制的に学費を貯める事ができます。

学資保険は、銀行預金に預けておくよりは、金利も良いです。

また、学資保険には子供の医療特約などの、特約をつけることも可能ですし、万が一親が死亡したり特定の重い病気や障害になったときには、払い込み免除になる場合もあります。

資産運用

株式投資、不動産投資、投資信託などの資産運用をして子供の学費を用意する人もいます。

資産運用は、元本割れなどのリスクがありますので、絶対にお金が増えるという性質のものではありませんが、しかし、今のような低金利の時代に、銀行にただ預けておくだけではお金は増えませんから、自分で資産運用しようと考える人もいるようです。

また、子供の学費と言えば、学資保険を勧められることが多いかもしれませんが、積み立て保険や金融商品を使ってお金をためたほうが効率的にお金がたまる場合もあります。

子供の学費が足りないときはどうする?

毎月のお給料から学費を用意できる家庭は良いのですが、手取りが少ないなどの理由から、子供の学費が足りない・用意できない家庭もあると思います。

学費が足りなかったり、用意できないときは、どうすればよいのでしょう?

節約

まずは、節約する方法があります。

節約というと、カツカツの生活をするようなイメージがあるかもしれませんが、気づかないところでムダに使っているお金を賢く節約するだけで、毎月一定の金額が捻出できる場合もあります。

通信料、被服代、飲食費など、無理なく削れるところはあるかもしれません。家計を見直し、ムダはないか考えてみると良いでしょう。

ダブルワーク・副業

会社員をしているけれども、会社のお給料だけでは子供の学費をまかなえないという人もいると思います。

その場合は、アルバイトなどのダブルワークや副業をする人もいます。

ダブルワークが禁じられている職場もありますが、少しずつ、ダブルワークを許可する会社も増えているようですから、子供の学費が足りない場合は、副業を検討してみるのも良いでしょう。

無理な節約をしてひもじい思いをするくらいなら、副業を始めたほうが良い場合もあるかもしれません。

共稼ぎ

専業主婦だったお母さんがパートに出るなどして、子供の学費を工面している家庭もあります。

子供も小学生に上がれば、手がかからなくなりますから、お母さんがパートをする余裕も出てくるでしょう。

また、家にずっといて、子育てと家事だけをして暮らすよりも、表に出て、家族以外の人たちと交流したほうが、生き生きと暮らせる女性もいると思います。

今は女性が仕事をもつことも珍しくありません。夫婦で働くという選択をとる家庭も多いのではないでしょうか。

教育支援資金

所得が低いため、子供の学費が額面できない家庭の子供に、国が学費を貸してくれる教育支援資金という制度があります。

教育支援資金は、子供に対して貸し付けるお金で、20年以内に返済できれば、利子はかかりません。

貸し付けてくれる金額は、

  • 高校で月3.5万円以内
  • 高専で月6万円以内
  • 短大で月6万円以内
  • 大学で月6.5万円以内

ですが、特に必要があるとみなされた場合は、上の金額の1.5倍まで貸してくれます。

なんらかの事情で親が低所得なため、必要な教育が受けられずに困っている人は、この制度を利用することをおすすめします。

優秀な能力をもっている子供であっても、親の経済力が無いために、満足な教育を受けられないということがあれば、その子供の将来が台無しになるだけでなく、国や社会にとっても大きな損失になります。

支援を受けることが恥ずかしいと考えたり、世間体を気にする家庭もあるかもしれませんが、必要な教育を受けられなくて困るのは子供です。

子供のためにも、ぜひ、こういった制度を利用してほしいと思います。

まわりで、学費がなくて困っているご家庭や子供さんがいましたら、こういった制度があるということを教えてあげてください。

(参考:厚生労働省 生活福祉資金貸与条件等一覧

母子・父子寡婦福祉資金

20歳未満の子供を育てている片親の人に、国が修学資金を貸してくれる母子・父子寡婦福祉資金という制度があります。

片親であれば、高等学校、大学、高等専門学校、専修学校の授業料、書籍代、交通費等に必要な学費を無利子で貸してくれます。

母子・父子寡婦福祉資金は、親か子供、どちらかに貸し付けるものです。

親に貸す場合は、子供が連帯借受人になり連帯保証人は不要ですが、子供に貸す場合は親が連帯保証人となります。

母子家庭、父子家庭の人で学費が足りなくて困っている人は、この制度を利用してください。

詳しくは、こちらのサイトをご覧ください。

(参考:内閣府男女共同参画局:母子父子寡婦福祉資金貸付金制度

教育ローン

教育ローンで学費を工面することもできます。

教育ローンは銀行や労働金庫などの金融機関で加入できます。

国で用意している教育ローンもあります。国の教育ローンは固定金利で、最長15年の返済期間です。

また、子供が3人以上いる家庭や、年収200万円以下の家庭には優遇制度も用意されています。

教育ローンは、ローンですので金利がかかります。

詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。

(参考:日本政策金融公庫:教育一般貸与(国の教育ローン)

奨学金

親が学費を用意できない場合は、奨学金を利用する方法もあります。

奨学金にはいくつかの種類があります。

日本学生支援機構

日本学生支援機構では学生に奨学金の貸付、給付を行っています。

(参考:https://www.jasso.go.jp/shogakukin/

日本学生支援機構には、返済の必要な貸付型の奨学金と、返済不要の給付型の奨学金があります。

親の財政面で一定条件を満たし、学習意欲があり成績優秀とみなされた学生は、返済の必要ない給付型の奨学金を受けることが出来ます。

給付型の奨学金は返済が必要ないため、社会人になってから、奨学金返済に苦しむこともありません。

勉学に励む意欲のある学生は、親の経済力が低い事を理由に進学を諦めてしまわず、奨学金を利用してください。

大学の奨学金

各大学で、独自の奨学金を用意している場合があります。

学費が足りない事を理由に、希望する大学への進学を諦めようと考えている人は、希望する大学に奨学金がないか、早い時期に調べてみてください。

全国の奨学金は、こちらのサイトから検索できます。

(参考:https://www.jasso.go.jp/about/statistics/shogaku_dantaiseido/index.html

地方自治体の奨学金

地方自治体でも奨学金を用意しています。

探してみると、条件にあてはまるものが見つかるかもしれません。

地方自治体の奨学金も、こちらのサイトから検索できます。

(参考:https://www.jasso.go.jp/about/statistics/shogaku_dantaiseido/index.html

奨学金の返済には注意が必要

このように奨学金にはいくつかの種類があります。

しかし、貸付型奨学金を受けた人は、社会人になったら、決まった金額の奨学金の返済をしていかなければなりません。

奨学金を受けた人は、社会人になりたてで給料が少ない時期も奨学金の返済をしなければならず、30代になっても、40代になっても、支払いが終わらない人もいます。

私たちが教育を受けるのは、自分の能力を生かしてお金を稼ぎ、豊かで幸せな人生を送るためでもあると思うのですが、豊かになるために受けた教育にかかったお金の返済のために、かえって苦しい思いをしている人たちが多い事も事実です。

せっかく頑張って勉強したのに、学費返済のために、苦しい生活を強いられるのでは、本末転倒ではないでしょうか?

貸付型奨学金を受ける人は、将来自分で返済しなければいけないことも考えて、奨学金を受けましょう。

また、子供に奨学金を受けさせないで済むように、親は、大学進学のための学費を早い段階からためておくと良いかもしれません。

塾やお稽古事にかける学費を削り、大学進学資金をためておいてくれたほうが、もしかすると、将来的には子供のためになるかもしれません。

子供の学費の準備は計画的に!

子供が小学校から大学まで進むのに必要な学費の平均は、公立でおよそ980万円、私立でおよそ2400万円になる計算です。

この中には、塾の費用やサークル活動にかかるお金も含まれます。

しかし、この金額は、あくまでも平均ですから、子供の学費をかけようと思えばさらにかけられますし、削ろうと思えば、もう少し安く抑えることも出来ます。

充分な収入のある家庭なら、幼稚園から大学までオール私立でも問題ないと思いますが、そうでない家庭の場合、子供を私立に通わせようと思ったら、学費を捻出するために、家計に無理をしなければいけない場合もあります。

それほど余裕のない家庭の場合は、私立と公立のどちらに通わせるべきか、しっかり考えなければいけません。

また、余裕の無い家庭は、早いうちから子供の大学進学のための学費を用意しておくことも大切です。

子供に奨学金を受けさせるという選択もありますが、奨学金返済で苦しんでいる人がいることも事実です。

子供にどれだけの教育を受けさせるべきなのか、どこまで教育にお金をかけるべきなのかは、しっかり考えてみたほうが良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)